2010年06月01日

平安時代からサルスベリ植栽? 平等院の池で花粉採取(産経新聞)

 江戸時代初期ごろに中国から日本に伝わったとされていたサルスベリの花粉が、京都府宇治市の平等院鳳凰(ほうおう)堂にある阿字(あじ)池に堆積(たいせき)した940年(平安時代中期)ごろの地層から発見された。平等院が24日、発表した。

 通説より600年以上も前から植栽されていたことになり、平等院にある系統が現存する最古のものである可能性が高まった。平等院は「藤原道長、頼通親子が愛でていたかも」と話している。

 この調査や分析にあたったのは、京都府立大の高原光教授(森林科学)。平成21年9月、鳳凰堂の東側にある阿字池で、堆積層(790年以降)の一部を深さ68センチ、直径8センチにわたり採取。各地層に含まれていた花粉の放射性炭素測定や分析などをした結果、940年ごろ以降の地層で、継続的にサルスベリの花粉を検出した。

 サルスベリは中国南部原産の落葉高木で、7〜10月に花を咲かせる。文献などから、通説では江戸時代初期ごろに伝わったとされていたが、今回の調査で渡来時期が大幅にさかのぼることになる。

 また、サルスベリの花粉の飛散距離は数百メートル以内であることなどから、阿字池の南側に植栽されているサルスベリが、最古の系統になる可能性もあるとしている。

 京都造形芸術大の仲●(=隆の生の上に一)裕教授(日本庭園史・遺跡整備)は「阿字池には平安時代以前からの堆積土が残されており、当時の環境をうかがい知る貴重な資料。特に、サルスベリが植栽されていたと推定されることは興味深い」と話している。

【関連記事】
平等院の扉絵修理に新技術 魚の浮袋や内臓などを活用
またアライグマ? 二条城で動物のひっかき傷
CG使って平等院鳳凰堂の内部再現
平等院や長岡京跡地を訪問 京都滞在の両陛下
現存最古「慶祝の舞」鮮やか 京都・平等院
虐待が子供に与える「傷」とは?

タミフル副作用で提訴へ=14歳転落死の遺族(時事通信)
米国務次官補が「次の日本の首相は誰?」 平沢氏、会談時の逸話披露(産経新聞)
鳩山首相、福島氏を罷免(時事通信)
「オービス信用できぬ」出頭2年半拒み歯科医逮捕(読売新聞)
<口蹄疫>種牛49頭延命認めず 国「猶予許されぬ」(毎日新聞)
posted by ナトリ テルオ at 15:56| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

裁判員制後、保釈率が急伸16.9% 捜査当局は懸念(産経新聞)

 身柄を拘束された被告が保釈を認められる割合が上昇している。裁判員裁判が始まった平成21年は15年よりも4.4ポイント高い16.9%に達した。裁判員裁判では、争点の整理などで被告と弁護人の詳細な打ち合わせが必要とされ、裁判所側が配慮した結果とみられる。こうした傾向は裁判員裁判対象事件以外にも拡大しており、弁護士は歓迎する一方、捜査当局側は「再犯の可能性のある被告の保釈は問題」と懸念を示している。

 保釈率は、地裁に新たに起訴され、勾留(こうりゅう)が決まった被告のうち、その年内に保釈が許可された割合で算出。12〜17年は12〜13%台で推移していたが、裁判員制度を見据え、17年11月に公判前整理手続きが導入されたことを受け、18年から15%台に上昇。5月に裁判員制度が始まった21年は、勾留された6万144人のうち16・9%の1万168人の保釈が認められた。

 保釈が認められやすい傾向は弁護士も実感している。大阪弁護士会の下村忠利刑事弁護委員長によると、従来は、否認していれば「証拠隠滅の恐れがある」として保釈が認められる可能性は低かった。早くとも公判で検察側の立証が終わるまで保釈されないのが一般的だったが、最近は初公判を待たずに保釈が認められるケースが出てきたという。

 特に注目されたのが、郵便不正事件で虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた厚生労働省元局長、村木厚子被告(54)。完全否認だが、公判前整理手続き終了後、すぐに保釈が認められた。

 これまでは、保釈を求めるため、意に反して罪を認め、保釈後に否認に転じる被告も珍しくなく、下村弁護士は「虚偽の自白による冤罪(えんざい)を生むきっかけにもなっていた」と指摘する。

 一方で、通行人を襲ったとして殺人未遂容疑で逮捕、起訴された被告に保釈が認められ、捜査関係者が困惑したケースも。捜査当局の幹部は「再犯の可能性が十分考えられるケース。もしそうなれば、責任を取れるのか。もっと慎重に判断してもらいたい」と訴える。

 保釈をめぐっては、現京都地裁所長の松本芳希裁判官が18年6月、「裁判員制度では可能な限り身体拘束から解放して訴訟準備を行う必要がある」とする論文を発表し、保釈拡大を提言。この中で「逃亡や罪証隠滅行為が行われる懸念が過大視され、保釈基準が厳格化しすぎている」と指摘していた。

【関連記事】
「みんなが顔を見るぞ」と脅し 性犯罪、被害者保護に課題 
「いい経験」意識変わった 法律考える機会に 審理尽くせたか…不安も
遅れる書面、審理滞留…公判前整理手続きが長期化
石巻3人殺傷 裁判員裁判に プライバシーなど課題
毒ぶどう酒裁判 迅速な審理で判断を示せ
虐待が子供に与える「傷」とは?

遺伝性難聴の原因タンパク質を解明 京大病院の研究チーム(産経新聞)
詐欺 ゲームソフトにウイルス埋め込み 警視庁が初摘発(毎日新聞)
日本創新党との連携も たちあがれ平沼氏(産経新聞)
専門看護師の在り方などで議論−文科省検討会(医療介護CBニュース)
辺野古移設、3党合意に反せず=「国民に不信感与えた」―首相(時事通信)
posted by ナトリ テルオ at 18:14| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。